お知らせ
お知らせ
作成日:2020/04/10
「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置を追加実施」 「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の延長について」が発表されました!



本日4月10日、厚生労働省より
 「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた雇用調整助成金の特例拡大について」
 「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の延長について」
が発表されました。

【新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置を追加実施します】 (厚労省HPより抜粋)

1.雇用調整助成金の特例措置の追加実施について
(1)緊急対応期間(令和2年4月1日〜同年6月30日)の休業等の上乗せ特例
○休業又は教育訓練を実施した場合の助成率を大幅に引き上げます。
○教育訓練の加算額を大幅に引き上げます。
○教育訓練の範囲を大幅に拡大します。
○生産指標の要件を緩和します。
○支給限度日数にかかわらず活用できます。
○雇用保険の被保険者でない労働者も対象とします。
(2)雇用調整助成金を活用しやすくするための運用面の特例
○事後提出が可能な期間を延長します。
○短時間休業を大幅に活用しやすくします。
○休業規模の要件の緩和
○残業相殺制度を当面停止します。
  • 特例措置拡大のリーフレットはこちらから!

2.申請書類の大幅な簡素化について
○記載事項の半減(自動計算機能付き様式の導入や残業相殺の停止等)
〇記載事項の簡略化(休業等の実績を日ごとではなく合計日数のみで可とする)
〇添付書類の削減
 
  • 雇用調整助成金の申請書類簡素化についてのリーフレットはこちらから!


【新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の延長について】(厚労省HPより抜粋)
 
新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者の方を支援するため、

・ 正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度
 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金)
・ 個人で業務委託契約等で仕事をされている方向けの支援金制度
 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等支援金)

について、対象となる休暇取得の期限を延長し、令和2年4月1日から6月30日までの間に取得した休暇等についても支援を行うこととなりました。  

  • 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金リーフレット 
   (労働者を雇用する事業主の方向け)・・別紙1
  • 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金リーフレット 
   (委託を受けて個人で仕事をする方向け)・・別紙2

延長後の助成金及び支援金の支給要領等の公表、申請受付開始は4月15日(水)頃となる見込み、
また、厚労省HPにおいて、4月13日(月)以降、制度の概要や申請書の記載方法等を解説した動画を順次掲載する予定とのことです。

記事の内容や助成金について、その他何かご質問等がございましたら
お問合せフォームよりお願いします。

お問合せはこちらへ
 浜通り社会保険労務士法人
<南相馬事務所>
〒975-0008
 福島県南相馬市原町区
 本町2丁目131
 TEL:0244-25-4641
 FAX:024-505-4137

<仙台事務所>
〒980-0802
 宮城県仙台市青葉区二日町
 16番1号
 二日町東急ビル4-B
 TEL:022-393-6912
 FAX:024-505-4137

※FAXは両事務所共通です
 9:00~18:00土日祝除く

メールでのお問合せ